自分軸をみつけて自由に生きるヒント

それは投資?消費?浪費?

食事も自己投資

日々の食事は、体の基礎になるものであり、毎日良いものを体に入れていくことは自己投資をしていることと同じです。

逆に嗜好品で、単にカロリーが高いだけの成人病をもたらすような食品は、浪費に当たるでしょう。

だから、単に価格だけを見て、何を食べるかを決めるのは、いわずもがな愚の骨頂ですね。

学びにも3種類ある

浪費の学び

単に好奇心を満たして、嬉しくなったり気持ちよくなりたいだけの学びなら、それは浪費でしょう。

時間とお金の浪費。

娯楽と言ってもいいのかなと思える範囲もありますが、過度になるとそれはある種の依存の疑いありです。

好奇心を満たすといえば聞こえがいいですが、ドーパミンという脳内麻薬が出るので、その快楽に依存してしまうんですよね。

依存した先には、大変なことが待っていますよ。

「意識が高いワタシ」

「一般の人は知らないけど、わたしは知っているのよ」

と、資格マニアになったり

トンデモ情報に洗脳されたり、

根拠もないのに、一緒に拳を上げてみたり。

あ〜いそがしぃし〜充実してるぅ

消費の学び

知識が身について、為になったのであっても、それは消費。

日々の普通の食事と同じで、必要だから入っていって出ていくけれど、普通に体を構成していくものレベルです。

働いて学んで働いて学んで、働いて学んで、カロリーとう○こ出して終わり。

投資の学び

学んだことをアウトプットしてリターンを得るまでくると、それは投資になり、さらに得た利益を次の投資に回せるという種類のものです。

学びたいことやりたいことが、たくさんありすぎて、時間もお金も足りない!というときは、浪費や消費の学びをされていないか確認してみてください。

学ぶと決めたら、アウトプットまでをワンサイクルにすると必ず次のステップアップの機会も得られます。

ある種の自己犠牲ではないか?

スナック菓子や嗜好品は、禁止されるべきものではないけれど、食事の代わりにはならないように、

娯楽と学びの区別はつけましょう。

消費で終わっている場合も、収支のバランスを取るために、どこかから持ってこないといけません。

そんな現状維持も悪くないけれど、もし

「わたしはこれでいいの」と言うことがあるならば、

自己犠牲の匂いがしますね。

本当は欲しいんでしょ?

自己成長の機会

投資の学びは、必ず次のステージに運んでくれるものであり、自分を成長させてくれるものです。

それは、高い金額を払うとか、良い先生に着くから自動的にもたらされるものではなく、向かう意識も大事です。

「絶対に元を取ってやる」というのは、自分の行動も含めてどうするかを決めてから学ぶということです。

「良い先生について学んでいたら、いつかは良いことくるでしょう」

ではカウチポテトのカロリー摂取と同じです。

ただ、夢を見てドーパミンにやられているだけではないか。

そんなことより、もっと気持ちが良いことがあります。

それは達成感であり、人に貢献したときの喜びです。

人は、人に喜んでもらうことで自分も幸せを感じるようにできているみたいなので。

アウトプットOut put 出力せよ!

学んだことは、出していきましょう。

お茶会でも、ワークショップでも、講座でもセミナーでも。

お店を出すことでもなんでもいいです。

あ、まずはブログでもいいですよ。

作成のお手伝いをしますので。

明日から申し込み開始します!

好きな世界をリアルに落とし込む⭐️ホームページ&ブログ創り

https://resast.jp/events/342272

夢を叶えるWeb(インド占星術による適性解説PDFプレゼント)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP