自分軸をみつけて自由に生きるヒント

アーユルヴェーダオイルの種類と使い分け方

アーユルヴェーダのハーブオイルって何種類あるの?

アロマの精油と違い、アーユルヴェーダのオイルは混ぜて使わないため、種類でいうと何十種類というラベルがあります。

そして各ボトルには、それぞれ何十種類ものハーブが組み合わされてぎっしり詰まった濃厚なオイルとなっています。

その中でも代表的なオイルをご案内していきます。

使い方は、当方の経験よりアレンジも入っています。

インドのアーユルヴェーダオイル編

indian doctors doing traditional ayurvedic oil foot massage

ナラヤーナ(Narayana)

ヴァータ・ピッタを鎮静

女性ホルモンの乱れによる生理周期の乱れ、更年期の症状にも

主なハーブ:シャタワリ

ピンダ(Pinda)

ピッタを鎮静

血液浄化によるあらゆる症状の改善、肌荒れやコリ痛み

主なハーブ:アカネ

クシーラバラ・タイラ(Ksheelabala thalam)

ピッタ・ヴァータを鎮静

こもった熱を発散させ、痛みや神経を鎮静

主なハーブ:バラー、バッファーロミルク

ダンワンタラン(Dhanwantharam)

ヴァータ・カパを鎮静

滋養強壮効果があり、疲れや体力の低下を補強

主なハーブ:アシュワガンダなど

ナラパマラディ・ケラム(Narapamaradi Keram)

ピッタ鎮静

ひどい肌荒れにも効果的で美肌を作る

主なハーブ:サフラン

エラディ・ケラム(Eladi Keram)

ピッタ・カパ鎮静

手湿疹など、湿の症状から肌あれが出ている場合に効果的

主なハーブ:エラ(ココナッツベース)

エラディ・タイラ(Eladi Thaila)

カパ・ピッタ鎮静

呼吸器系や粘膜の閉塞時に効果的

主なハーブ:エラ(セサミオイルベース)

コッタムチュカディ(Kotam chukadhi)

カパ鎮静

浮腫みや、末端の冷えに効果的

主なハーブ:マスタードオイル配合

ムリヴェーナ(Murivena)

カパ・ヴァータ鎮静

関節の痛みに効果的

主なハーブ:カンファー

用途:バスティ

スリランカのアーユルヴェーダオイル編

スリランカのアーユルヴェーダのオイルと使い方については、メール講座で解説しておりますので、よかったらご利用ください。

↓↓↓↓↓

【薬草オイル表プレゼント】アーユルヴェーダオイルを効果的に使うメール講座

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP