自分軸をみつけて自由に生きるヒント

才能と強みをもっと詳しく解説します

今日は3月3日。お雛様は飾られましたか?

子供の頃、うちのより友達の7段飾りのお雛様が羨ましかったなぁ。。

今思えば、うちのお雛様も品があって素敵だったのに、人の物はよく見えました。


ああ、そういえば、ピアノを買ってもらったときにも比べてましたね。

今度は、うちのピアノの方が立派だったんですよ。

 

女は物心ついたときから、競争していくものなのでしょうか。笑

わたしだけ?

人との比較って、本当に無駄なのはわかってるんですけど、

ついついやってしまうんですよね。

 

ダイバーシティの時代に、比較する意味なんてさらに薄れてきてるのに。。。

 

時代は多様化

日本の生存戦略のためにも多様化に向かっています。

いくら高機能の物をつくっても、マス製品を作るのは、人件費の安い国に偏りますからね。

脱マスで、高度に洗練された先進の物作りの国を目指すのでしょう。

 

多様化された世界では、お互いの個性を認め合うことが当たり前になり、

さらに言うと、

自分は何する人?何が好きですか?どんな価値を持っていますか?

と積極的に問われていきます。

 

そう言った意味でも、自分を知ることは、とても大事になっています。

 

様々な性格診断や判定法はありますが、これらの弱点は

質問項目に対して、全て主観で答えていくということだと思います。

 

練られた検査法は、統計処理をしてあるので信頼性は高くなっていますが、

恒久的な要素を図ろうと思ったら、遺伝子検査も混ぜてやればいいのに、って思います。

 

アーユルヴェーダでは

アーユルヴェーダで言うと、

プラクリティとビクリティを比較検討するということです。

 

プラクリティは、持って生まれた性質

ビクリティは、後天的な生活習慣からみについた性質

 

を表します。

 

たとえば体調を整えていくには、ビクリティ(後天的な状態)の方をしっかり見ていくのですが、

基準値はプラクリティ(生来的な性質)です。

 

いわば、

ベストの基準からどれだけ外れた生活をしているのかを見ます。

もちろん、ベストから外れるので、不調として現れます。

すなわち、アーユルヴェーダの健康観は

個体独自の本質を知って、それに沿ったバランスを取れているかを測っているのです。

 

健康も自分軸からというところなのです。

何が、自分のベストかを知らないことには、現状の改善はできないという考えです。

 

「わたしの本質は、なんなの?!」

プラクリティは、インド占星術のホロスコープに出ています。

本質を星で見るって、ちょっと舐めているようなちょっとロマンチックなような気がしませんか?

だって、星が人の命の行方を指しているんですよ?

宿命とか運命とか、感じませんか?

こういう風に、

ゆるい感じで自分のことを見直したときに、すっごい気づきがあるかもしれませんよ。

悩んでいるときほど、肩の力を抜いて考えてみましょう。
 
夢を叶えるWeb(インド占星術による適性解説PDFプレゼント)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP