自分軸をみつけて自由に生きるヒント

正しさを追う人生からやりたいことを追う人生へ

虚無感はどこからくるのか

人生を今この瞬間にも楽しめていないなら、それは何が原因なのでしょうか?

仕事が合っていないから?

人間関係がよくないから?

それとも運命のせい?

もしかしたら、その楽しくない気持ちは、何をやっても虚しい気持ちがあるのではないでしょうか?

「つまらないな〜」「どこかに面白いことないかな〜」「誰か私を違う世界に連れていってほしいな〜」

こんな気持ちになることがあるのなら、続きを読み進めてみてください。

自分を楽しませることは知っている

もちろん自分で楽しむことを心がけてはいるとしても、たとえばそれは高価なものを買うとかイベントを楽しむとか、特別な事をして自分を喜ばすことだと考えていませんか?

それらは、条件が整わないと出来ないことですね。

お金があるから、チャンスがあるから、時間があるからできるようなことで、自分を楽しませるのもいいことでしょう。

でも、それらがなくても今すぐに楽しめることはできます。

今この瞬間に、目の前にあることの中から、ちょっと自分が好きなものや自分よりのものを選んで、喜ぶ

これだけで、ずいぶん人生は変わってきます。

飾って楽しくする、ちょっと美味しくしてみる、ちょっと可愛い方を選ぶ

というように、ちょっとした手間でできることもあるでしょう。

つまり、自発的に人生を楽しもうとすること自体が、大事なのです。

楽しませてくれるものを待つのではなく、自分から楽しみにいく。

これだけで、人生は急に彩に満ちたものになります。

考えてみたら当たり前のことなのですが、

人に遠慮したり、外部に配慮をすることに慣れてしまって、自分を優先することを忘れていないでしょうか?

ときには、子供や動物のように、素直に自分の欲求に耳を傾けて、素直に従ってみることをしてみましょう。

できれば、そういう時間が少しでも生活の中に増えていくことを、自分に許しましょう。

そうしたら、自分の抑圧が取れて、虚しい気持ちも減っていくことでしょう。

他人のことも許容できる

自分の欲求に素直になれず、「そうすべき」を優先させてきた人ほど、占いやスピリチュアルにはまる傾向にあるようです。

自分以外の誰かに「正しい答え」を言ってほしいのです。

いつも常に自分の判断にOKを出していれば、誰かにNOと言われても、反対されても、意固地になる必要はありません。

ただ話し合うなど、より大人な対応が取れていきます。

そして自分の判断にも自信が持てるようになります。

この自信というのは、失敗しない自信ではなく、失敗しても自分の糧にできる自信です。

なぜなら、全部自分で自分の人生を選んでクリエイトしてきていることだから。

自分が答えをもっているのがわかってくると、人に求めなくて済むようになり、人の自由も許容できるようになります。

なので、人をコントロールしようとする人は、その人自身が不自由な価値観を持っている証拠なのです。

本当のリーダーは、なぜ?とだけ聞いてくださいます。

一人一人の意思を尊重し、その中で問われれば最善を答えてくれる方こそ、意見を求める対象なのです。

自分の中心に戻る

変わりたいあなたへ

何を望んでいますか?

そうしたら、外界も変わります。

夢を叶えるブログ(インド占星術による適性解説PDFプレゼント)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP