自分軸をみつけて自由に生きるヒント

蛙の子はカエルではないかも

人は環境の奴隷である

人は環境の奴隷であるらしい。

いくら我が強くて反抗していたとしても、環境の影響は避けられない。

子供の頃は家庭環境の影響下にあり、学校、地域、仕事場の影響を受けるからこそ、環境を見れば大体その人はどのようになるか、わかる。


文化込みで、蛙の子は蛙なのだ。

環境を選ぶ

もう蛙でしかなかったとしても、あなたが蛙の街に住みたくなければ、住まなくてもいい。

「あれはダメ、これはあなたに合っている、これはいい」と言われてきた人も、もう自分の好きを選んでいい。

誰かの理想を自分の理想としてしまったような人も、それはもう削ぎ落としていい。

全ての存在は、許され、愛されているから安心して、自分の心から望むことにあなたの人生の時間を使っていいよ。

って、この曲を聞いていたら、そう思った。娘から母への歌らしいけど、それは母から娘への歌でもあり、母性が累々と繋がっていく悲しくも優しい物語を感じた。全ての人の存在は、そもそも生まれたときに優しさに包まれているんだな、祝福されているんだなと心に沁みた。

あなたにも花束を。

人生が彩りを取り戻す

多くの人が言っているけれど、自分の好きを選び、大切にし、慈しむと急に人生が変わり始める。

本当にこれだけで、他人のことも許せて愛することができる。

「自分を許して他人を許そう」に取り組むより簡単で早いと思った。

全部自分スタートなのだから、自分を喜ばせること、楽しめることを今すぐ始めよう。

もう始めている人も、もっともっと楽しんでいこう。

インド占星術鑑定

どうやったら、うまくいくか、何をやれば成功するか、いつ運は向いてくるか、を執着心を持って追求すると、大抵、期待ハズレになる。

執着心って「ない」がスタートになっているから、餓鬼道まっしぐらって感じ。

それは地獄道でっせ。進んじゃいけませんぜ。

逆に「ある」ところに注目して、現実をチューニングしていくような使い方をしたらいいのかも。

現実とは、今もっているスキルであり、能力だ。過小評価でもいけないし、そこから離れすぎたことは、すぐにはできなくでもいいのだと腹をくくるべし。

夢を叶えるブログ(インド占星術による適性解説PDFプレゼント)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP