自分軸をみつけて自由に生きるヒント

ステージアップ〜見える世界が変わるとき

注目するものが変化する

以前は気になって気になって仕方がなかったのに、今はさっぱり、どうでもいい。

なんで、あんなに心が惹かれていたのか??

というようなとき、まさにステージアップのときがきていますね。

自分の中の心のモヤモヤが(もしかしたらトラウマかも)外部に投影されていたのが、見えなくなくなったということは、問題がクリアになったということです。

外部にネガティブが見えないと言っても、もちろん世の中は陰陽で成り立っていますから、蓋をしてみないということがポジティブということでは、ありません。

以前は、問題や辛さに目が向いて不安になりがちだったのに、これからどんなことが来ても乗り越えられると自分のことを信じられている状態がポジティブな状態です。

こういう状態になると、不安を避けるだけの行動パターンから、不安にも積極的に向かっている行動に変わり、選択の範囲が広がるので、自分にとって良いことが入ってきやすくなります。

なぜなら不安に思っていることの中に、宝が隠れていることが多くありますから。

自分の恐れよりもやってみたい気持ちが勝り、行動に出られたときに、ポジティブな世界の扉が開いていくのでしょう。

フォーカスを当てる世界は、もちろん変化し、起きる出来事や見える出来事は全く変わったものになり、パラダイムシフトが起きている状態になっているでしょう。

挑戦できるパラダイム

挑戦といっても、崖を歯を食いしばって登っていくようなものではなく、新しいことを始めることは、すべて挑戦と言えるでしょう。

もちろん、やり方がわからない、不安、出来なかったらどうしよう、などなどブレーキを踏ませるものは次々に出てくるのは自然なことです。

それらの不安要素に目を瞑って、崖から飛び降りるのではなく、

一つ一つ、何を不安に思っているのかを明らかにし

その不安は、実は妄想なのか

はたまた、とても大切なことで事前に準備をしていれば避けられることなのか

準備をしていても永遠に変わらないことなのか

を分類することで、次への行動が取りやすくなります。

夢を叶えるブログ(インド占星術による適性解説PDFプレゼント)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP