自分軸をみつけて自由に生きるヒント

論理の一貫性は強さになる

耳障りのよい言葉の羅列

かっこいい言葉や、綺麗なことば、それそれ!というようなフレーズって、一見その言葉だけが、強いようにみえますが、その前後の文脈で決まります。

全く別のことを書いていて、いきなりポッと、

「輝こう、あなたらしく!」

って言っても、

ああそうですか、そうすればいいですね。

と置いてけぼりにされてしまいます。

前置きの話がうんぬんあり、だから輝くんだというところに落とすと、

納得して説得力が増します。

キャッチーな言葉だけが浮いていると

できる感じがしない(臨場感が薄い)ので、

勝手にどうぞ〜(書いている人が勝手に盛り上がっている感じ)

とすぐに、その文章から離れてしまいます。

「決め言葉」があるのだとしたら、その前後が大事です。

理由やなぜが大事

突拍子もないようなことを言っていたとしても

「なぜならば」が入るのと入らないのとでは大違いです。

逆に理由が入るのならば、その逆説までの助走になって、大きなインパクトをもってジャンプできます。

つまり印象を強く持ってもらえたり、説得できたりします。

なるほどね

わたしにもできそう

やってみたい

となるのです。

一人で、「キラキラしていきましょう!!」と盛り上がっているのと大違いですよね。

別にあなたのキラキラはいらないから、わたしに効果出してくださいと思われて終わりです。

提供しているサービスの効果が出るのが第一で、人が何かを選ぶ順番ではないでしょうか。

つまりお客様の目的があってそれを叶えるものを提供している

次に、そのノリや価値観が合うなど。

が選ばれる順番だと思います。

夢を叶えるブログ(インド占星術による適性解説PDFプレゼント)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP