自分軸をみつけて自由に生きるヒント

守破離は最短距離を示している

最初は人の真似でいく

一本でバシッと決まる花もあれば、集まったら綺麗な花もある。

無個性な花の集まりでも、集まったら個性的に見えたりもします。

そもそも個性って、経験の積み重ねの発露であるから、経験が少なければ出しようがわからないし、出てこないから、最初は集合体で咲いておいて、一人成長しすぎちゃったら、一人オンステージになってもいいのかもしれません。

経験を積んだらオリジナルへ

何か目的を叶えたいなら、守破離が成功への近道です。

最初は、うまくいっている人を徹底的に真似る「守」からスタートします。

これが基礎体力だったり、基本の原理原則だったりします。

そこから外れるものは、よっぽどの後世に名を残すような天才でないかぎり、まとまりません。

他の人が時間をかけて(ときには人生をかけて)発見したことや積み上げた功績の上から、自分もスタートして、もっと良いものができそうであれば、「破」ってオリジナル化へ進めばいいです。

その後は、師から「離」れて自分の足で歩み始めるときです。

ビギナーズラックから確信へ

最初は、わけもわからずやるので、人の言うことをそのままに聞いたり、何も考えずに前例を踏襲していくので、大抵のことはうまくいきませんか?

これは守っているからなんですよね。

その後、オリジナルを出すあたりで、成否が分かれます。

その仮定(読み)が正しいのかどうか、はテストを繰り返していきます。

テストを繰り返していく中で、自分なりの法則や知恵が見つかっていきます。

そこはコツコツ時間をかけて取り組むところです。

ときどき最初から、基本のお作法を知らず、勝手に独自でオリジナル商品を妄想している人がいますが、自己満足の商品はまず売れないです。

思いつくのは易し、されどそれを売れるように加工するのは難し。

そこで、加工することを邪道だとか言う人もいますが、(とくにアーユルヴェーダとか)

加工しないものをそのまま提供するって、商品改良をしないワイルドな野菜や果物を売ろうとするようなものです。

日本の細やかな商品改良技術って世界中の人に愛され喜ばれていて、人を幸せにする誇れるものですよね。

ビジネススキルを身につける

同様に、表現力という加工技術を身につけないと、あなたの技術も日の目を見るのはいつになるのやら。

これはいいものです。と言ったとこで、伝わらないと売れませんから。

夢を叶えるWeb(インド占星術による適性解説PDFプレゼント)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP